遠藤喜美子 プロフィール

   遠藤 喜美子(えんどう・きみこ)

 
福岡県に1927年12月生まれ。国立市谷保在住。
 福岡県立女子専門学校(現福岡女子大学)卒。国立音楽大学声楽科卒。東京芸術大学大学院
 音楽教育研究修了(音楽教育を浜野政雄、民族音楽を小泉文夫)、ダルクローズ指導法を板野
 平、声楽を横田孝、山田耕筰、四谷文子の各氏に師事。「正しい日本語と美しい歌」の勉強を
 続けている。盛岡大学教授、同大学附属厨川幼稚園園長、聖学院大学教授、同大学児童学科長を
歴任し2002年3月定年退職。

「高齢者福祉を考える会」を立ち上げ、福祉、環境について改革案を進言する活動をしている。
第1回「くにたちふれあいコンサート」を開催し、2013年10回目を迎える。

 著書「評伝 洪蘭披」は、‟朝鮮近代音楽の父”(戦前に活躍した韓国の音楽家)の初の評伝との
    再評価が高まり、2013年再刊され、韓国で翻訳本の出版が待望されている。

 2013年4月、ソウル市中央テレビ局にて、洪蘭披作曲の韓国歌曲を独唱、また児童合唱団と協演し
 放送される。
 同年5月7日、韓国ハンギョレ新聞“ひど欄に詩人李承信と共に韓日両国の芸術家として紹介記事が
 掲載される。

“朝鮮近代音楽の父”「鳳仙花 評伝洪蘭披」
     
遠藤喜美子著  1200円 文芸社