人材紹介業界の開拓者
江島優氏の逝去を悼む!

 先日村上和雄先生の追悼文を奏上したばかりなのに、江島優会長の逝去の報を知人から
聞いた。ネットで確認すると既に1ヶ月以上も前「に、3月5日、肺炎で逝去された」とネットで
告知されていた。

江島優会長には20021月、新谷文夫氏と日本総研本社ビルで立ち上げた未来構想戦略
構想フォーラムの初代理事長として中川十郎氏、一色宏氏、大橋武郎氏らとともに大変お世話
になった。カラオケによくお誘いいただいたり、料亭でごちそうになった。お元気な頃は毎週末
には厚木のアトリエで絵画を描くことを趣味として、その数200枚以上、国民絵画展で賞与を
受賞するほどの腕前であった。トマトや野菜を栽培することも楽しみにされていた。江島氏は
同じ久留米出身で旧知の上祐史浩氏の面倒も見た。青年の育成にも力を注がれ、青年弁論
大会の会長を引き受け、資金提供、資金集めも務められた。

 大変な愛妻家でミュージカルや舞踊のお誘いすると奥様、お孫さん共々お見えになりお孫さん
の喜ぶ姿がとても嬉しそうであった。奥様の具合が悪くなると会社の仕事は早引けし、奥様のた
めに毎日お食事を作られた。10年以上もの年中無休の介護、だれでもできるものではない。
奥様の介護に疲れて命を縮められたようだ。先日電話した時には「息をするのも苦しい」とおしゃ
った。今までこのようなお姿を拝見したことが無かったので大変なショックであった。それ以来、
電話するのも気が引け、どうしたものかと打つ手のないもどかしさにいたずらに月日を過ごして
いたいた折の出来事であった。

 江島会長とは何であったのか?その略歴と業績を顧みたい。氏から折々頂いた各雑誌や新聞
の掲載記事は相当数に上る。略歴詳細はこちら⇒氏は10年間のブラジル原始林開拓の
仕事を終えるとその資金で米国へ留学し、ヘッドハンティングを学び、これを日本に導入した方
である。

江島会長の最大の業績は人材紹介業を日本に導入し、定着化させたことであろう。
 その折の苦労話をよく聞いた。ハローワークを手掛ける労働省からすれば「お金を取って人材
を紹介するのは邪道である」「自分たちの職業斡旋の仕事を奪われ大変」と陰に陽に妨害をして
きた。これを巡って裁判闘争は最高裁まで行き江島氏は敗訴した。その後商工会議所を始め
有志が動き、ついには国会議員も動いて人材紹介業に関する法律が制定され、最高裁の再審
で逆転勝訴となった。江島氏の熱情は国まで動かし「人材紹介業で正当なお金をとっても良い」
ということになり、人材紹介業は高齢者社会へ突入とともに急速に発展した。奉仕に一定のお金
を払うことが当たり前となり介護を受ける側、介護をする側にとっても社会になくてはならない職
業となっている。江島氏は人材紹介業界の会長も長年務められた。

 ここで注目したいのは江島氏の気骨である。裁判闘争で逆転勝訴するまで数々の嫌がらせが
あったことをお会いするたびによく聞いた。その嫌がらせが労働省ならぬ検察庁検事からであっ
たという。政府ぐるみの反対である。江島氏の受けたような圧力は各業界にある。例えば病気
にならないと保険が利かない。病気を予防するための栄養剤、指圧等も保険対象外。米国と
日本の医療制度の格差を廣瀨輝夫先生からお伺いしたことがある。医療制度も江島氏のよう
に体を張って省庁や既存勢力の圧力を撥ね退け、改革できる気骨ある医師の出現が望まれて
いる。

杉原千畝はイスラエルや米国では絶賛の声が止まない。他方、日本の外務省では杉原氏は
未だ「卑怯者、裏切り者」と最低の評価である。日本では、たといそれがどんなに国民にとって
良いことであるとしても組織を裏切ってまでもやる勇気のあるサムライは中々出ない。官僚は
法に守られており、法を外れることはエリート・コースからの脱落を意味する。故に行政府内部
から体制の変革を望むことは極めて難しい。各省庁には一般社会に通じない暗黙の省内規範
があり、その一端が文科省、財務省等で露呈し社会から糾弾されている。

 制度改革のきっけは米国発が多い。要は「何が本当に民のためになるのか?」であり、弊害が
あるならそれを取り除き、良いと思うえばそれを果敢に実行することである。和は我が国の長所
ともなるが、短所でもある。事実を見ないで人間(専門家)を見る人間信頼社会である。これは
2次大戦において、「なぜ国民が、不必要な多大な犠牲を払っわざるを得なかったのか?」
その反省にも通じることである。 

江島氏のご逝去を惜しむとともに人材紹介業の道を拓いた氏の功績を共に称えたい。

願わくは各分野に気骨のある第2、第3の江島が陸続として出現されんことを!
江島氏がお世話した2000人を超すオーストラリア移民の方々も氏のと訃報に接し ご哀悼
されていることであろう!

 令和35月20日     大脇 準一郎 拝

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
江島論説・動画 

労働ビッグバンの時代に備えよ!

東京エグゼクティブ・サーチ株式会社